Skip to main content

配列

配列

JavaScript における配列は、複数の値を並べて一つにまとめたオブジェクトです。[ から ] で囲まれた部分は配列を生成する式になります。

const studentNames = ["田中", "佐藤", "鈴木"];

これで、3 つの文字列値 "田中", "佐藤", "鈴木" が順番に並んで格納された配列が作成され、変数 studentNames に格納されました。

配列を使用するには、配列を生成する際と同じく [, ] 記号を用います。この括弧に囲まれた部分に数値(インデックス)を指定すると、配列の要素にアクセスできます。

document.write(studentNames[0]); // 田中
document.write(studentNames[2]); // 鈴木
studentNames[1] = "内藤";
配列のインデックス

配列のインデックスは 0 から始まります。このため、2 番目の要素のインデックスは 1 で、n 番目の要素のインデックスは n - 1 になります。

また、長さが N の配列の最後の要素のインデックスは N - 1 になります。

[] の中には任意の式を記述できます。変数を使用することも可能です。

const six = 6;
document.write(studentNames[six / 2 - 1]); // 鈴木

課題

次のプログラムを実行すると何と表示されるでしょうか。

document.write([3, 2, 1][0]);

for 〜 of 文

for 〜 of 文を用いると、配列の要素を順番に取り出す処理を簡単に記述できます。

const studentNames = ["田中", "佐藤", "鈴木"];
for (const studentName of studentNames) {
document.write(studentName);
}

このプログラムの実行すると、 田中佐藤鈴木 と表示されます。

for 〜 of 文の構造は次の通りです。

for (変数の宣言/変数名 of 配列) {
処理;
}

配列の要素を順番に取り出し、 of の左側に指定された変数に設定してから、内部の処理を実行していきます。

Array クラス

JavaScript の配列は、Array クラスのインスタンスであるオブジェクトです。Array クラスには、便利なメソッドやプロパティが定義されています。

Array#push メソッド

Array#push メソッドは、配列の末尾に新しい値を追加するメソッドです。

const studentNames = ["田中", "佐藤", "鈴木"];
studentNames.push("内藤");
document.write(studentNames[3]); // 内藤

Array#length プロパティ

Array#length プロパティは、配列の長さを自動的に反映するプロパティです。

const studentNames = ["田中", "佐藤", "鈴木"];
document.write(studentNames.length); // 3
studentNames.push("内藤");
document.write(studentNames.length); // 4

課題

  • Array#push メソッドを用いて、フィボナッチ数列の配列を作ってみましょう。
  • 作成した配列の各要素を for ~ of 文を用いて出力してみましょう。
  • 作成した配列の各要素を、通常の for 文と Array#length プロパティを用いて出力してみましょう。
ヒント

変数 i を 0 から (作成した配列の length プロパティの値) - 1 まで順番に増やしながら、配列の i 番目の要素を表示しましょう。

解答
//Array#push メソッドを用いて、フィボナッチ数列の配列を作成
const f = [1, 1];
for (let i = 0; i < 100; i++) {
f.push(f[f.length - 1] + f[f.length - 2]);
}

//作成した配列の各要素を for ~ of 文を用いて出力
for (const item of f) {
document.write(item);
}

//作成した配列の各要素を、通常の for 文と Array#length プロパティを用いて出力
for (let i = 0; i < f.length; i += 1) {
document.write(f[i]);
}

配列とオブジェクト

配列はオブジェクトの一種です。しかしながら、JavaScriptのオブジェクトとは、オブジェクトの節で扱ったように、プロパティ名とプロパティ値の組み合わせでした。

配列もこの原則に従って動作しています。次の図に示すように、配列とは、各要素のインデックスがプロパティ名になっているオブジェクトだと考えることができるのです。

配列のプロパティ

逆に、その他のオブジェクトも配列と同じように使用することができます。この記法をブラケット記法と呼び、プログラムの動作に応じて使用したいプロパティを切り替えるのに役立ちます。

const subject = "math"; // ここを変えると表示される教科が変わる
const scores = { math: 90, science: 80 };
document.write(`${subject} の点数は ${scores[subject]} です。`); // math の点数は 90 です。
オブジェクトのプロパティ

オブジェクトのプロパティに数値は使用できません。それではなぜ、配列の場合は studentNames[2] のように記述できるのでしょうか。

答えは単純で、文字列に変換されているからです。このため、次のプログラムは全く問題なく動作します。

const studentNames = ["田中", "佐藤", "鈴木"];
document.write(studentNames["0"]); // 田中